ソロアルバム制作中

純度タカシのソロカバーアルバム制作中。
本当に「ソロ」の作品になりそ。
名義はソロで、演奏もソロ。
スティーヴ・○ッドは居ないし、ダニー・○ーチは居ない、アリフ・○ーディンも居るわけない。
使うのは俺の親指と人差し指と中指と薬指、そして小指じゃ!
しかし、現場ではひとつひとつの指に別々に命令を下しているようじゃ間に合わない。
最初に仕事を教えておいて、あとは状況に応じて各々動きなさいと、そういうことだ。
これは人間社会と同じだ。

さらには右の鼻の穴と左の鼻の穴を使う。
この両穴が、この惑星を母なる地球たらしめたこの空気を、
正常にバランスよく通してくれると助かる。
片側だけ、いつもより余計に空気通してまっせ、というのでは困る。
バランスよく通さないというのは一番まずい。
ところで、トンネルは日本語で言うと「隧道(ずいどう)」だが、
この呼び方だと何か神秘を感じてしまう。

さて、下の図は、最近あまり重力を感じてないなぁ、
とお困りの方にお勧めする、
「日本人のための重力の感じ方」の一節です。←デタラメ



1. 畳に仰向けになって、両腕を広げる。(十字架のように)
2. 畳に身を任せてリラックスする。
3. 両腕を畳からほんの少し浮かせて、ゆっくりと上下させる(握り拳2つ分ほど)。

どうです。両腕に確かに重力を感じるでしょう。
それを感じたと同時に、どれだけの優しさで畳が背中を支えてくれていたかにも気づくことでしょう。


二つ目の図は「垂直」の安定性を感じるポーズです。
これを実施すると、
・斜塔のおかしさ
・塔という建築物のもつ権力象徴性
・ギターの弦の押さえ方
が理解できるのだろうか。


以上
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。