S-1 Switch

先週の道の駅ライブは激アツでございました。
顔が半分灼けた。

借りていたギター(Fender American Deluxe Stratocaster)を返却のために初期化していたのですが、
S-1スイッチという機構がほんとうに複雑なやつで。
もともとが絡まったクモの巣みたいな配線だったもんだから、
それを元に戻すには、相当量のハンダの煙を吸い込むことになったわけです。
(わざわざ吸い込むこともないが)
終わった後は何となく鼻うがい。

ところで、クモが巣を張る姿というのはなかなか心打つものがありますよ。
あいつらには迷いが無い。

無事配線も元通り、弦高は僕の標準、フローティングは無し。
フレットに磨きをかけてのご返却。

コメント

非公開コメント