スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Still Caravan 1st Album「A Human」発売中

どうも、年末のど真ん中ですね。
実は、12月には僕の参加したCDが二枚発売されていたのでした。
ここのところ、
古代ギリシャより伝わった(かもしれない)「ソツロン」なる呪縛にとらえられていたので、
お知らせが遅くなってしまいました。

まず一枚目は

ZERO 1st MINI ALBUM
【BE AMBITIOUS】
8発売!!!!_convert_20101230011901
1.『GIRLZ BE AMBITIOUS』
2.『(YAY!!!!)』
3.『LIFE feat. 亜矢』
4.『Warrior's Love feat. Y.SHIINA』
5.『BOYZ BE AMBITIOUS feat. 日之内エミ』
6.『LOVE IN CLUB feat. SYZA』
7.『ユメトアイ feat. JUTA』
8.『夕日の向こう』
9.『Shall we go next?』

ZERO待望の1st MINI ALBUM [BE AMBITIOUS]が満を持して発売決定!
作詞・作曲・トラックメイク・RAP・歌、さらに国語教員免許(?)とマルチな才能を持つ新人ZEROのデビューミニアルバムは全世代型HIP HOP !
ギターをフィーチャーしたサウンドは遊び心ありのポジティヴさを強調、ピアノをフィーチャーしたサウンドはシーンを呼び起こし、人の心に深く入り込む。
タイトルの「BE AMBITIOUS」には“今以上を目指そう”という自分自身の熱い意志と同時にこのアルバムを聴いてくれた人-老若男女を問わず“強い志を持って一歩を踏み出す“きっかけになってくれたらという願いが込めらた、まさに全世代型HIP HOPといえるだろう。
フィーチャリング陣は椎名慶治(ex.SURFACE)、日之内エミ、SYZA、亜矢、JUTAと豪華で斬新な顔ぶれ。
ZEROが放つ、全曲ノンストップの爽快感を遂にデリバリー!


何曲かでギターを弾いております。
ZEROはとにかく「太い」シンガーです。そして「コシ」がある。
詳しくはZEROの公式ウェブサイトをご覧ください。
音も聴けるみたいです。


そして2枚目!
Still Caravanの1stフルアルバム!!

かれこれ二年以上の付き合いになるhiphopユニットです。
ついにフルアルバムを発売するにいたりました。
ギター・作曲・ボイスなどで参加しています。
そういえば、新聞を読むフリもしました、PVで。
4曲目の'TituS'では渾身のアルペジオが聴けます。

Still Caravan 1st FULL ALBUM
【A Human】
フォト
01. Crossroad
02. Right here
03. Open Air
04. TituS
05. New Start
06. spiral talk
07. ANOTHER DAY
08. Fly me
09. Colored snow featuring Ellie
10. Come on!
11. puddle
12 .Squared off



3つの才能を束ねる事で、大きな何かを生み出せる事の証明を音楽的に形にした1stフルアルバムが完成。
タイトルに名づけらた「A Human」の由来は人間の喜怒哀楽を彼等なりのサウンドで表現しようという事から名付けられた。

2MC + 1DJから構成されるスティルキャラバンは、攻撃的な日本語ラップとは相反する詩的な韻律が印象的なサウンド。 MC Biscoとアメリカ人の母を持ち、現在はジャズシンガーとして、またモデルとしても活躍しているバイリンガルMC、MC Azu、そして幼少の頃からクラッシックを中心とする音楽に親しみ、過去にHeavy Rockを中心とするバンドでの曲制作経験を持ち、サウンドデザイン・トラックメーカーを担当する東(ヒガシ)の3人からなる異色の3ピース。

前作から、約1年という歳月で個々の脳能力は断然にレヴェルアップし、前作を遥かに凌ぐ重厚感溢れるサウンドを展開。
トラックメーカーの東は、sadhu名義でB.I.G. JOEのリミックスコンテストにも採用が決定している。
クロスオーヴァーという表現では伝わらない、様々なジャンルを経験して来た彼等だからこそ成せる「唯一無二のスティルキャラバンサウンド」がここに集約されています。

前作のミニアルバムから引き続き、へヴィーなヒップホップリスナーへのアピールというよりは、ヒップホップのタフで攻撃的な要素を苦手とし、どちらかと言うと Hyde out ( Nujabes ), Cradle Orchestra , Nomak等アーバンなヒップホップを好んで聴くジャンルレスなリスナーの耳に届けたいという思いが強い。

ジャケットアートワークは、HydeoutやKenmochi Hidefumi等のデザインを手掛けるFJDが制作。

現在、ヴィレッジヴァンガードとZooooo.jpオンラインショップにて先行販売しています。
上記のオンラインショップの方にその他詳しいことも書いてありますので、ぜひ覗いてみてください。



1/15(土)には渋谷Ruby Roomにてリリースパーティもあります。
ドシドシご参加ください。ドシドシ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。