アリクイは多様化する

昨日のルーマニアチュウアリクイ、おもろかったです。
タンゴにジャンゴにラインハルト、ではなくサンバ。
ボンゴも欲しくなってきた。シェイカーは振りました。
今回の装備は

さとう―ガット、ドブロ、鍵盤ハーモニカ
鶴見―鉄弦
川内―4弦ベース、五弦フレットレス

今後は私もガットを持ち込むことで、
タンゴやサンバへの意気込みを高めていくかもしれません。
高めるのは対応力や適応力などではなく意気込みです。
「○○力、反対!」
とはいえ神通力を高めるのはありかもしれない。

昨夜はアイディアの種まきをたくさんできたので、
今季は豊作間違いなし。

ちなみにルーマニアオオアリクイ、5月20日に横浜Hey Joeでやります。


ここのところ、気合が入りすぎなのか、左手小指を痛めかけ。
ここぞとばかりに右手中指をフィンガーボードに叩きつける。
小指を使いたいときはすかさず右手中指を差し伸べる。
それでもダメなら「プンっ」と声をだす。
ピンチからチャンスを見出すのは経済人やスポーツ選手に限らず皆に許されています。

ローハイ!!

鶴見

コメント

非公開コメント