小指とっくに回復

小指は回復、そして館山を引き払い神奈川に戻っています。
でも、今週末はさっそく館山で演奏。
5/12にシナリッツ。「食事処たの字」の周年イベントです。
中止となりました。
ところで『ピアニストの脳を科学する』という最近の書物に、
音楽的「しなり」ネタが扱われているようです。
なかなか面白そう。

5/20には横浜Hey-JOEで、久しぶりのルーマニアオオアリクイもあります。
ドラムスには初めての伊吹文裕君を迎えての演奏です。
伊吹君とは「Bondage Fruit + Yae」をピットインで観覧したときに偶然顔を合わせていますし、
今回はよりプログレっ臭の強いサウンドになるやもしれません。
あるいはそんな臭いが出ようものなら、
誰かがすぐにファブリーズしてしまう可能性もありありだ。
バンドですから。

ともかく、この素晴らしいドラマーを迎えるにあたって、
というわけではないが、
僕はストラトキャスターのブリッジを数ミリ浮かせ、
グリースを各所に塗りたくりました。
(余分についたのはしっかり拭き取る)
弦高とフローティング高の折り合いをつけるのが大変でしたが、
苦労の甲斐あって、なかなかいい具合。
これで

(エリック・クラプトン、ジョン・メイヤー)系ストラト

    

(ジェフ・ベック、スコット・ヘンダーソン)系ストラトに転向完了。

ヘンドリクスも忘れずに。


コメント

非公開コメント